ヒント

キッチンの食器棚はどのくらいの頻度で掃除しますか?

キッチンの食器棚はどのくらいの頻度で掃除しますか?

食器棚の掃除は、組織の教訓と同じくらい衛生上の問題です。私たちの食べ物は健康的な環境になければなりません。この部屋で大きな春の大掃除は十分ではありません!キッチン食器棚を定期的にきれいにするためのアドバイスをお伝えします。

整理することが最初です!

多くの場合、クリーニングは最初に意味します:よりよく組織されること。これは、キッチンではさらに当てはまります。確かに、食器棚のコルクである可能性があります。この缶では、パズルをプレイしてこの缶の最後の場所を見つけようとするまで、包装、箱、段ボールの箱を積み重ねます買ったばかりです月に一度、作業計画にすべての食料を配置して、食器棚の完全な並べ替えを実行します。期限切れのものを捨ててから、整理します。クローゼットの床を選択して、食べ物の種類を割り当てます。塩味の下、甘いものの上など。その後、再び、細分化します。使用頻度の低い食べ物はクローゼットの奥に置き、使用頻度の高い食べ物は手前に置きます。これにより、材料が必要になるたびにすべてを取り除く必要がなくなります。

掃除は少し片付ける

より良い保管は毎日のメンテナンスです

私たちの食器棚にあるものは、私たちの皿の上に、そして私たちの胃の中に行き着きます。衛生面で申し分のない場所に食べ物を置いておくのは不可能です。これを行うには、食品を異なる方法で保管し、毎日厳しくすることを学ばなければなりません。パッケージを開いて保管すると、ダニを誘引する危険性が高まります。これらのダニは、食べ物を開けたままにしておくと食器棚に発生する不快な小さな生き物です。小麦粉、米、パスタ、シリアル、クッキー、チョコレート、ダニは、食物が適切に閉じられないとすぐに至る所に定着します。食器棚で食べ物を使用するたびに、気密容器に保存することをお勧めします。したがって、この惨劇の発展は不可能です。そして、クローゼットは保存されます。

密閉容器を使用して食品を保管する

下から上まできれいな食器棚

キッチンの清潔さについて話すとき、まず冷蔵庫とホットプレートについて考えます。それは氷山の一角だからです!ただし、クローゼットを定期的に掃除する手間をかけないと、クローゼットの内側が汚れの巣になる可能性があります。食器棚の内部をきれいにするために、より良いあなたの食べ物を保存するために、分類を利用してください。ジャムまたは粘着性の蜂蜜、散らばった塩とコショウ、スパイス、パン粉の瓶、あなたはあなたの食器棚にこれのいくつかを持っている可能性があります。月に一度、漂白スポンジまたは少なくともクリーニング製品を吹き付けてから、水分が食べ物に伝わらないように乾燥させます。最後に、食器棚の外側が優先事項よりはるかに遅れている場合、それらに重要性を与える必要があります。食器棚の上部と側面を必ず清掃してください。これにより、調理用の脂肪が増えます。

クローゼットを掃除するための多くのヒントがあります。

健康的な環境を確保するために定期的に清掃してください

キッチンはデリケートな部屋であり、清掃に関しては十分な注意が必要です。目に見えるすべての皿、冷蔵庫、調理台の掃除に慣れている人もいますが、クローゼットの内側を掃除することを考えるのはもっとまれです。私たちの目は日常生活の中でリベットで留められていません。月に一度、食器棚の内部を掃除することを忘れないでください。これは健康的な食物環境の保証であり、食物ダニの発生を避けることの保証です。また、時々アウトドアを忘れないでください!時間を節約するためのヒントを次に示します。家具を保護するために、高い食器棚の上にペーパータオルを置いてください。考えているたびに交換する必要があります。

清潔なクローゼットに最適な方法を見つけてください!