情報

前/後:70m²のテラスが変身しました!

前/後:70m²のテラスが変身しました!

屋根を牧歌的なテラスに変えるために、モントルイユにあるこのアパートの所有者は、ランドスケープデザイナーのジャン=ミシェルマルタンに依頼しました。屋根は共同所有であり、作業の一部は集合的に実施されました(手すりの確保と設置)。その後、プロジェクトは3つのフェーズで実施されました。まず、階段とキャビンを介した直接アクセスの作成を伴う構造作業。次に、床の敷設と壁の覆い。最後に、テラスは真の平和の楽園になるように植えられ、装飾されています。

キャビン

アパートはテラスの下にあり、直接アクセスできるように螺旋階段を設置しました。このアクセスを保護するために、造園師は古い地元のホイスト機械を完全に改造しました。完全に艶をかけられた新しい拡張機能は、スペースを削減しません。ガラスの屋根は、テラスにワークショップのタッチを加えることで、装飾に完璧にフィットします。



後に





床と壁

テラスの木製の床は熱で改質された松でできていました。これは木材を加熱するプロセスで、木材を耐性と腐敗から守ります。生態学的なこの技術はさまざまな種で機能し、エキゾチックな木材の代わりにヨーロッパの木材を使用できます。スペースを確保し、めまい感を軽減するために、手すりは白いキャンバスで覆われました。隣接するテラスを隠すために、icker製のカニスが設置されており、登山植物を支え、テラスを風から保護しています。



後に





緑化

所有者はできるだけ多くのスペースを確保したかったため、植物はテラスの周りに設置されました。木材を節約し、プランテーションを霜から保護するために、ビンは床の下に箱詰めされ、小石に囲まれていました。テラス建築の非常に直線的なラインと対照的に、ポットのほとんどは丸みを帯びています。あるコーナーでは、テラスと同じ木材で作られたベンチトレイにオリーブの木が植えられています。









作業予算は家具なしで約30,000ユーロでした。 インテリアデザイナーおよび造園会社Créateursd'Intérieurは、リヨン、マルセイユ、エクスアンプロヴァンス、モンペリエ、ニーム、トゥールーズ、ナントにも存在します。