ヒント

6ステップで移動を整理する

6ステップで移動を整理する

引っ越し会社を経由しないことを選択した場合でも、商品を輸送するための車両を提供することが重要です。このステップは、移動の少なくとも1か月前に実行する必要があります。どのように進めますか?正しい選択をする方法は?ここに私たちのヒントがあります。

車を借りる場所は?

Dシステムを使用する場合、移動には車両のレンタルが不可欠ですが、トラックやユーティリティはどこにありますか?安心してください、選択は重要です。レンタカーを専門とする代理店に連絡できます。一部のスーパーマーケットでは、このサービスを非常に魅力的な価格で提供しています!最後に、引っ越し会社に連絡するだけで、ニーズに合った車両を利用できます。

考慮すべきオプション

車両を選択するときは、移動する身の回り品の量、特に移動する距離を考慮する必要があります。これらの要素は、車両のサイズ、特にその容量を決定します。古い宿泊施設と新しい宿泊施設との距離が短いために何度か旅行をしたい場合は、12mの立方体を選ぶことができます。 1回の旅行が必要な場合は、宿泊施設の規模に応じて20m以上のユーティリティを提供する必要があります。サービスも重要です。ディンプル、タイダウンバー、テールゲート、スライドドアなどを備えた車両を選ぶ方が快適です。移動キットを利用できることを知ってください。これらは、車両レンタルサービスを提供するほぼすべての施設で提供されています。これらのキットには、ストラップ、毛布、さらには悪魔を含めることができます。これらは、D-Dayでしばしば不可欠です!

予防措置

車両を借りて移動の世話をすることを選択した場合、完全にカバーすることが不可欠です。ほとんどの場合、車両を借りる会社は基本的な保険を提供しています。したがって、十分に保険をかけるには、保険会社に対応する必要があります。輸送された商品に保険をかけ、事故から保険をかけるために、一般的に家の保険に含まれている民事責任を当てにすることができます。また、現在の口座をオンラインで開くことを選択した場合でも、特定の保証が銀行カードでカバーされることは珍しくありません。たとえば、銀行カードは、レンタカーの盗難や物的損害に関連する費用を賄うことができます。責任も含まれる場合があります。レンタル契約と追加の保険に署名する前に確認してください。また、移動中に車両を運転するすべての人に報告することを忘れないでください。旅行にある程度の距離がある場合は、国内企業に電話するのが賢明かもしれません。後者は、実際に車両を地元の代理店に預け、元の代理店に持ち帰らないことを申し出ます。これは、カバーする数百キロメートルがある場合に重要です!同じ精神で、マイレージパッケージの比較を検討してください!最後に、すべてのサービスプロバイダーが価格をオンラインに設定していることに注意してください。選択する前に、目的のオプションを含めて価格を比較することをためらわないでください。移動に関する一連の記事はこちらからご覧ください。ステップ1:スケジュールを作成する(D-3か月)ステップ2:ムーバーを計画する(D-2か月)ステップ3:箱を梱包する(D-2か月)ステップ5:管理の面倒を見る(D-1か月)ステップ6:静かに移動する(D-Day)