ヒント

窓にイチゴが欲しい!

窓にイチゴが欲しい!

ああ、太陽が降り注ぐイチゴを摘み取り、収穫の果実を味わう喜び!このシンプルで小さな喜びは、庭やバルコニーなしで、ポットでイチゴを栽培するための十分に露出した窓を持っているので、私たちのほとんどの手の届くところにあります。グルメな夏には、私たちの指示に従ってください!

ステップ1:鉢での栽培に適したイチゴを購入する

あなたのイチゴの植物を選ぶ前に、それらが「後方」であるかどうかをよく見てください。上昇している品種は、夏の間ずっと、そして時にはクリスマスまででない10月の終わりまでさえ、より少ないイチゴを生産します!とにかくかご全体を収穫するつもりはないので、楽しみを最後まで続けることもできます...品種 「森のマラ」,「谷の女王」,「エベレスト山」 若しくは 「マエストロ」 4月から5月にかけて、春に着実に植えるのが理想的です。そうでなければ、来年の収穫のために、9月から10月にイチゴを植えることもできます...

バケツに入ったイチゴは、ユニットあたり1ユーロ未満です。

ステップ2:窓辺の鉢にイチゴを植える

赤い実は簡単に育てられますが、多くの光が必要であり、熱と乾燥風を恐れます。彼らに、夏には日当たりが良くて日当たりの良い窓枠を見つけてください。窓枠に窓箱またはプランターを設置し、底部に粘土ボールの層を広げて、排水性を確保します。次に、鉢に土を植える「特別なイチゴ」を入れ、つるを埋めないように注意しながら、バケツをバケツの水に浸します。葉を濡らすことなく寛大に水。

収穫を待っている間、イチゴの花は装飾的です

ステップ3:イチゴに水をやる...そして楽しむ!

結実期全体を通して、可能であれば石灰の少ない水でいちごに定期的に水をやることを忘れないでください。暑い日には、土が乾かないように毎日水をためらわないでください。すぐに可愛らしい小さな花が現れ、夏の最初の日である6月末に最初のイチゴを摘むことができます。片足で、ジャムを作ることを期待せず、自分の果物を試飲する喜びを単に楽しんでください!

最初のイチゴ、老いも若きも幸せ

ステップ4:そして来年?

最後の果物を選んだ後、冬の間ずっとイチゴを地面に置いておきます。春には、赤い果実に適した堆肥または肥料を追加し、鉢植えの土の層を追加して土壌を表面化します。天気の良い日は定期的に水やりを再開してください。5月に最初の花が、6月末に最初の果物が表示されます。翌年に再度開始し、3番目の夏の後に他の品種をテストして植物を交換します。豊作!

数グラムの純粋な喜び...

イチゴを植えるためのビデオのヒントもご覧ください!