ヒント

チェック柄とクッションをいつ、どのように掃除しますか?

チェック柄とクッションをいつ、どのように掃除しますか?

暖かさ、快適さ、魅力的な装飾要素、格子縞、クッションのソースが、インテリアに最後の仕上げをもたらし、インテリアに心地よいノートをもたらします。さまざまな家庭用テキスタイルを洗うとき、それらを放棄することに疑問の余地はありません。クラシックウォッシュ、ドライまたはスチーム:各テクニックには、スローとクッションを優しくきれいにする特徴があります。

チェック柄とクッションをいつ掃除しますか?

私たちの日常の冒険の最初の犠牲者であるホームテキスタイルは、あらゆる種類のテストの対象となります。コーヒーの染み、汗または化学香水、日常生活は、しばしば私たちを慰めるこれらの組織のスクラップを虐待することができます。新鮮さと衛生を保つために、理想的には年に3〜4回洗濯することが不可欠です。各クリーニングの間に、寄生虫を撃退し、心地よい匂いを保つために、母なる自然のトリックを使用することをheしません。ここでは、ラベンダーとミントの花束があなたの最高の味方です。お湯と混ぜた繊維にスプレーすることです。春の香りと防ダニ効果があります!

クッションと格子縞も寝室に伸びて柔らかさのを作ります。

洗濯機用クッションとスロー

繊細なサイクルをプログラムする場合、シンプルで効果的な洗濯機はクッションや格子縞に最適です。クッションについては、可能であれば、カバーを取り外すことが好ましい。この場合、クッションがふっくらした形を保つように、マシンドラムにいくつかのボールを追加できます。

チェック柄と四角いクッションのおかげで、居心地の良いタッチでリビングルームを飾ります。

ブランケットとクッションのスチームクリーニング

スチーム洗浄は、繊細なテキスタイルやかさばるアイテムに最適です。スチーマーのようなデバイスを使用して、すばやく損傷することなく洗浄します!ドライプロセスよりも家庭用リネンを尊重する技術:実際、後者は羽などの特定の室内装飾品の洗浄に適していないため、クッションとスローを劣化させる可能性があります。また、スチームクリーニングは繊維を締めるのに役立つことに注意してください。テキスタイルを注意深くアイロンをかけて、新しい息を吹き込みます。

クッションとひもが屋外に露出している場合、定期的な清掃が不可欠です!

チェック柄とクッションの香り

心地よいにおいを吸収するために、香水瓶をクッションから空にする必要はありません。ここでは、永続的な結果を得るための穏やかな方法を好みます。エッセンシャルオイルを数滴垂らした布がドライヤーに滑り込んで出来上がりました。投影された空気は、選択されたエッセンスをテキスタイルにわずかに拡散させます。スチームクリーニングが好きですか?心配はいりません。蒸気器具に使用される水タンクに非常に少量の油を注ぐ場合でも、このトリックは機能します。