注釈

自宅のオフィスエリアを定義するには?

自宅のオフィスエリアを定義するには?

「よりよく統合するための区切り」は、今日のマントラかもしれません!家族全員の生活空間に侵入することなくオフィスエリアを設置するために自宅で適用するルール。デスクやワークエリアを調和してスタイリッシュに挿入するためのヒントとコツをすべて見つけてください。

オフィスエリアを物理的に区切る

幸運にも大きなリビングスペースがあれば、簡単にアレンジすることができます オフィスコーナー 。それどころか、落ち着いて仕事をする必要があると感じたり、時々オフィスを視界から外したい場合は、物理的な制限を歓迎します。いくつかのソリューションが利用できます:* A パーティション 軽量、折り畳み式、向き調整可能、または取り外し可能…自分を隔離するのに最適ですが、永久的ではありません。 *流動性、軽量、非常に装飾的なカーテン。 * 1 ガラスの壁 、希釈せずに光をフィルタリングします。明るさを失わない理想的なソリューション。 * 1 ワークショップキャノピー 、非常に装飾的で機能的。彼女のアーティストのオフィス精神により、彼女は光を遮ることなく、現代的で産業的なタッチをもたらします。 * 1 キャビネット、オフィス スペースを最適化します。食器棚に机を置いて、ドアを閉めるだけで作業スペースと迷惑メールを偽装できます。要するに、ほとんど目に見えないオフィス! *移動が簡単な画面またはモバイルディバイダー。

ドアのないパーティションと、光を分割して維持する天蓋。

ワークスペースを視覚的に具体化する

実現するための視覚的なソリューションがいくつかあります 作業場 cr屈感を感じることなく、家の他の生活エリアに侵入することなく:*色付きの壁を描く :オフィスコーナーを色で区切ることは、シンプルで非常に装飾的なソリューションです。あなたが好むものを選択するのはあなた次第です:壁全体、ほんの一部、ただベースをペイントしてください... *壁紙を適用する :非常にトレンディで、そのカムバックを利用して、デスクの周りにいくつかのストリップを配置します。グラフィック効果を保証。 *コルク机の上に壁を並べる または、磁気パネルで覆い、机を囲み、付箋を掛けます。要するに重複した解決策! *床の敷物を変更する 。多くの場合忘れられますが、床はスペースを区切る効果的なソリューションになります。そのため、装飾的なカバー、セメント効果のビニール、またはさらに居心地の良いカーペットで境界線を作成します。 *プラットフォームのおかげで育てる 。アクセシブルな木製のプラットフォームは、実際の視覚的な分離を作成します。天井の下の高さに応じて、1つまたは2つのステップが可能です。

カラフルなペイントは、オフィスエリアを定義するために部屋の他の部分とは対照的です。

当然のことながらホームオフィスを設置する

オフィスエリアを断熱 部屋の構造に触れずに?それも可能です!寝室、居間、玄関、または階段の下にニッチ、くぼみ、床の間がある場合は、このスペースを使用して最適化し、オフィスを設置できます。これには間違いなく、収納をいじるのに少し肘のグリースが必要になりますが、オフィスのコーナーは部屋のバランスに触れることなくそこにその場所を見つけます。この意味で、あなたが自然で装飾的な境界を好むなら、植物の「パーティション」を選ぶのはなぜですか。さまざまな高さの緑の植物を積み重ねることで、机を自然にカモフラージュできます。

クローゼット内のオフィスとファイルは、一日が終わると見えなくなります!

オフィスの場所を選択するためのヒント

オフィスエリアを配置するには、特にその場所に関して、最小限のアップストリームリフレクションが必要です。自宅に作業エリアを恒久的に設置する前に考慮すべき3つのポイントを以下に示します。*オフィスを窓のできるだけ近くに配置して、自然光を取り入れる。 *机をドアに戻さないでください。人々があなたの後ろを行き来するのを感じることほど不快ではありません。濃度レベル?ゼロ。 *ソケットにできるだけ近づけてください!私たちはしばしばそれらを忘れますが、デジタル時代では、それらは実用的で適切に設計されたオフィスエリアに不可欠です。今、あなたはあなたのオフィスエリアを最高の状態に配置するためにすべてのカードを手にしています...そしてそれをすべての目を引き付ける別のスペースにします!

日光の恩恵を受けるために、机を窓の近くに置きます。