注釈

クリスマスに自宅でやるべきこと

クリスマスに自宅でやるべきこと

特別なクリスマス、買い物について語らないクリスマス、贈り物について語らないクリスマス、またはあなたを驚かせるデコレーションについてお話ししたいと思います。このお祝いの本質に戻るクリスマス、分かち合い、喜び、そしてユーモアのクリスマスについてお話ししたいと思います。一部の人々はクリスマスがパーティーになりすぎたことを非難しますが、クリスマスの精神を取り戻すためのいくつかの簡単な良い行動だけが、その喜びを台無しにする理由です。

あなたのために

善行に専念する記事では、自分の人の主題から始めるのは奇妙に思えるかもしれません。ただし、偶然ではありません。自分について考えることは、ギフトを贈ったり、バッテリーを充電するために時間をかけて楽しむことを必ずしも意味しません(推奨されていても)。いいえ、この年末の期間中に自分でできる最善のことは親切です。実際、その効果は有益であり、あなたの周りの人々に影響を与えるので、クリスマスの間に慈悲の恩恵を享受してください。具体的な例を挙げましょう。今年はクリスマスログの作成を担当しています。バーを非常に高く設定して、大きなパン屋のクリスマスログ操作でストレスをたたくことができます。また、クリスマスの歌のディスクを聴きながら、すべての子供たちとマスターするデザートを作ることもできます。 2つの選択肢のうち、どちらが家により多くの喜びをもたらすと思いますか?

同意することを申し出ますが、何よりも他の人に感謝します!

家族のために

クリスマスを考えるとき、最初に家族のお祝いを考えます。真実は、一年中あなたの家族を幸せにするのはそれほど簡単ではないということです。多かれ少なかれ深刻な口論が私たちの家族関係を妨げることさえ起こり得ます。間違いなく、許すことは最も困難ですが、クリスマスの間にできる最も称賛に値する良い行動でもあります。クリスマスの休戦を作るのが簡単でない場合、私たちはまだ私たちが怒った人にメリークリスマスを願うようなジェスチャーを試すことができます。他の皆のために、私たちは明らかに贈り物を提供しますが、本質はそこにないことに留意しましょう。彼女の家族にとって最も貴重な贈り物は、一緒に過ごす時間です。散歩に出かけたり、ボードゲームをしたり、いくつかの手で料理をしたり、家族の映画を見たりすることは、クリスマス休暇を魔法のようにする素晴らしい瞬間です。

そして、あなたが家族としてクリスマスショートブレッドクッキーを作っているなら?

あなたの周りの人のために

しかし、クリスマスは共有のお祝いでもあります。毎日出会う人だけでなく、出会う人やあなたが本当に知らない人にも心を開いて成功しなければなりません。彼らはあなたの隣人か、あなたの事業所やあなたのトレーダーさえ掃除する責任がある人々かもしれません。少し考えてみると、一年中私たちの周りにいる多くの人々が私たちにとってまだ完璧な見知らぬ人であることに気付くでしょう。だから、クリスマスの時期を彼らに近づく良い時期だと考えましょう。複雑なことは何もありません。「私はあなたに幸せな休日を」と、心から笑顔で話したような文章はすでにあなたの心を温めることができます。あなたが寛大な魂を持っているなら、あなたはあなたの隣人に配布するためにクリスマスショートブレッドの1つ以上のバッチを計画することもできます。共有はクリスマスデコレーションでも行えます。クリスマスリースを外のドアや庭の花輪に掛けることは、クリスマスの魔法に貢献し、通行人を幸せにします。

家族の写真、素敵なメモ、グリーティングカードがあなたを幸せにします!

そしてさらに進んでいる人のために

最後に、物理的に遠く離れているため、または私たちがそれらを知らないために、到達不能に見える人がいます。まれにしか見えない遠い家族や友人にとっては、この時期に彼らのことを考えていることを示すことが重要です。古いおばや海外駐在員の愛する人にメリークリスマスがあなたに少しの時間しかかからない素敵な贈り物であることを願うために電話を取ります。同様に、グリーティングカードを更新してみませんか?また、子どもたちにカードの作成に参加するよう求めることで、家族の活動の機会にもなります。最後に、私たちは多くの人々を改善するために働く多くの協会の仕事に言及せずに善行について話すことはできません:クリスマス期間は、それが時間であろうとお金であろうと、与えることについて考える良い機会です。子どもたちは、たとえば、使用しなくなったおもちゃを寄付するなどして参加することもできます。ラグランレクレの店舗では毎年お金を集めています。おもちゃを降ろすだけです。最後に、クリスマスの間に善行のための多くのアイデアがあります。それはお金の問題ではありませんが、何よりも心の状態です。このお祝いは、必ずしも財布を通り抜ける必要なしに他人のことを考える機会であると認識することです。