他の

チュートリアル:銅管付きペーパータオルホルダー

チュートリアル:銅管付きペーパータオルホルダー

パレットの家具の動向に続いて、銅管の家具はますます多くのフォロワーを持ち、非常に驚​​くべき結果を提供します。その上、このテクニックが最初は難しいように見えるかもしれませんが、パイプカッターが慣れると実際には非常に簡単になります。今日は、銅管でペーパータオルホルダーを作る方法を学びます。

素材:

-直径200 cm、直径16 mmの銅管-直径16 mmの4つの銅製T字継手-直径16 mmの8つの90°エルボ継手-16 mm以上開くことができるパイプカッター-巻尺-粘着テープ予算:約25€期間:1時間

ステージ

1.銅管から次のピースを切り取ります。-7.5 cmのピース9個。 -2個の5 cm; -32 cmの1個; -1個の25.5 cm; -17 cmの1個。

2.チューブを正しい寸法に切断したら、チューブを組み立てる準備をします。ヒント:チューブの端に粘着テープを貼って抵抗を増やし、チューブを固定します。

3.次の4つの部分に従って、さまざまな部分を組み立てます。-ベース17 cmの部分を取り、正方形の最初の辺を作成するために各端にエルボ継手を追加します。続いて、両側に7.5 cmのピースを追加し、次に両側にT字金具を追加します。 T字継手の垂直部分を上に向け、5 cmのピースを2つ入れます。これで半分の正方形ができました。正方形を続けて両側に7.5 cmのピースを置き、続いてエルボーフィッティングを行い、次に再び7.5 cmのピースを付けます。最後に、正方形の最後の辺にある2つの7.5 cmのピースを、他の2つのようにT字金具を上向きにして接続します。 -ロールの軸これは、ペーパータオルロールが配置される部分です。 10インチピースの一端にティーフィッティングを取り付けます。次に、T継手の両側に7.5 cmの部品を取り付け、25.5 cmの部品の方向を向いた2つのエルボ継手で終わります。結果はフォークのベースのように見えるはずです。 -ローラーを交換するための取り外し可能な上部部品3番目の部品は、7.5 cmの最後の部品で構成され、両端にエルボ接続があり、両方とも同じ方向を向いています。これは、上部に配置され、取り外し可能なパーツです。そのため、32 cmピースの上端と25.5 cmピースの端にテープを貼らないように注意してください。最後に、最後の部分は32 cmのチューブに対応しています。

4.写真のように、ベースから4つのパーツを組み立てます。

5.上部を取り外してペーパータオルロールを挿入します。

最後に

あなたのトレンディで装飾的なペーパータオルホルダーが完成しました!さらに先に進むには、特定の部分に綿のコードを巻き付けると、非常に独創的な結果が得られます。



このチュートリアルは気に入りましたか? FacebookページでこのDIYのバージョンの写真を送って、Pinterestで他のアイデアを見つけてください!