ヒント

ガレージにワインセラーを建てるための3つの必須要件

ガレージにワインセラーを建てるための3つの必須要件



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

自宅に地下室がなく、ガレージにワインセラーを設置したいのですが、どうすればいいのかわかりませんか?パニックに陥らないでください。チームがあなたにサービスを提供し、適切なヒントを提供します。断熱材、ストレージシステム、探しているすべての答えがそこにあります。

ガレージ環境は適切ですか?

理想的には、ワインセラーは、完全な暗闇の中でも非常に弱い明るさでなければなりません。その周囲温度はあまり変化してはならず、振動を受けてはいけません。したがって、ガレージが出窓で作られており、鉄道のすぐ上にある場合、そこにワインセラーを設置することは絶対にお勧めできません!それ以外の場合、このようなインストールは実際の問題を引き起こすことはありません。

ワインセラーの断熱

前述のように、ワインセラーの温度はあまり変化させてはなりません。そのため、他のインストールを開始する前にガレージを適切に断熱することが非常に重要です。たとえば、インターロック式の押出ポリスチレンパネルを使用すると、熱橋を避け、貴重なボトルを適切に保存できます。

温度と湿度を調整する

優れたセラーには、12°から15°の間で振動する周囲温度が必要であるため、部屋を適切な温度に保つビルトインエアコンをガレージに設置することをお勧めします。温度と同様に、セラーの湿度は非常に重要です。湿度計を使用して、空気中の湿度の割合が常に50〜80の間で変動するようにしてください。通常、ワインセラー用に設計されたエアコンも湿度管理を行います。ガレージに水分を追加する必要がある場合は、単に床を湿らせることができます。それ以外の場合、ガレージの湿度が高すぎる場合は、除湿機を追加するだけです。ただし、湿度レベルが80%を超えてもワインにダメージを与えるリスクはなく、ラベルのみがダメージを受けます。セラーを整理し、木製または金属製のロッカーを追加できるようになりました。