注釈

すべての色を理解するための用語集

すべての色を理解するための用語集

色の間の一致が学習された場合、それらを指定する用語も理解する必要があります!ただし、「ハーモニー」、「対照」、または「シェード」でさえ、よく聞かれるがよく理解されていない言葉です。色の言語を学ぶための短いリストはこちらです…

原色:

これらは光の3つの原色です:黄色、赤、青。他のすべてを作成するのは、これら3色からです。

二次色:

二次色は、原色の最初の混合物、つまり黄色と赤の混合物のオレンジ、赤と青の混合物の紫、青と青の混合物の緑から得られます。黄色。

暖かい色:

これらは、色相環上でオレンジから黄色に変わる色です。これらの色は部屋を暖め、暗い部屋で理想的です。

冷たい色:

これらは、青から有彩色の円で紫から緑に行く色です。これらの色は部屋に冷たさを与え、たとえば夏の雰囲気をリフレッシュします。

補色:

補色は、カラーホイールの反対色です。たとえば、赤と緑または黄色と紫は相補的です。 「補色」とは、これら2つの色を装飾で組み合わせる必要があることを意味するものではないことに注意してください。

彩度:

色の強度の度合いです。色が非常に強い場合、それは飽和していると言われます。明確な場合、彩度が低いと言われます。

ハーモニー:

調和のとれた色は、有彩色の円に触れるか、あまり離れていない色です。たとえば、ターコイズブルーとロイヤルブルー…

色合い:

シェードは、色相環に触れるシェードであり、同じ色のファミリーにとどまります。たとえば、濃いオレンジ、中程度のオレンジ、淡いオレンジ。