注釈

調査:あなたとあなたの家は今日そして10年後に

調査:あなたとあなたの家は今日そして10年後に



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

IPSOS / Le Moniteurによるフランスとその住宅に関する今後10年間の独占的な調査は、「安全な避難所」としての住宅の地位を強化し、新鮮な空気の息吹に対するフランス人の本当の欲求を示しています。エコ住宅に向けて大きな一歩を踏み出し、田舎に向けてより控えめでありながら真の一歩を踏み出してください!いいね!

2010年の宿泊施設に満足しているフランス人

2010年の宿泊施設にはまだ92%の満足度があります。 いくつかのニュアンスがあります:-所有者はテナントよりも満足しています。 -新しい住居の居住者は、古い住居の居住者よりも満足しています。快適さの面でも同じように、フランス人は自分自身を幸せと考えています孤立を除いて、黒点のままです:フランス人の4人に1人がそれに不満を抱いているだけでなく、電話やインターネットのネットワークを受信する能力に不満を持っている孤立もあります。

安全な避難所としての家

安全な避難所としての家は、フランスの懸念の中心にこれまで以上に残っています :非所有者の10人中9人が家を購入したいと考えています。 また、それはキャンペーンの魅力にもつながります これは、フランス人10人中3人、特に若者に感じられます。しかし、おそらくすべての良心の大都市の中心に住むことを選択したイルドフランスの住民の間ではありません。

今後10年間のエコ住宅への道

フランス人は快適さを得るために、今後数年間で拡大することを望んでいません :より多くの断熱材とより多くの光、エネルギー消費が優先されるようです。再生可能エネルギーを使用したいという要望がある場合、61%の人は、節約することができる限り、購入するのがより高価であっても、そのようなシステムを自宅に装備する準備ができています。法案と温室効果ガスを最小限に抑えます。 太陽エネルギーは私たちの大半にとって標準になりました。 地熱エネルギーと木材が台頭しています。そして、私たちの多くは雨水を集めるシステムを支持しています。 最後に、天然素材はフランス人にとって非常に興味深いものです :断熱材、壁材、床材の90%以上。上部では、56%が木材、26%が石です。フランス人と住宅に関するIPSOS / Le Moniteurの独占調査、2010年10月。