有用

固体または中空の壁でのオブジェクトの固定

固体または中空の壁でのオブジェクトの固定

ヒント

足首がひどく握られているとき…

アンカーを所定の位置に固定し、ねじを締めて、引張力を加えます。
引っ張ったり、完全に締めたりしたときに足首が動く場合は、大きなネジを使用してみてください。これにより、足首がさらに拡張します。軽負荷の場合は、ねじ込む前に足首にマッチを置くだけです。
足首がハウジング内で回転したり、引っ張った後に引き裂かれたりする場合は、より大きなまたは異なるタイプの足首を使用する必要があります(たとえば、フランジ付き足首)。これが不可能な場合、または穴がひどく損傷している場合は、石膏コーティングで埋めることをお勧めします。ダボをすぐに置き、石膏が完全に乾くのを待ってから(つまり、1日)ねじ込みます。

材料の穴あけ

しっかりと握るための最初の条件は、正しく掘削することです。ドリルビットまたは素材に適したドリルを使用します。通常のコンクリートドリルは、すべての石材に適しています。
硬くて硬い素材の場合、足首の直径のドリルビットを選択します。一般に、パーカッションの使用はコンクリートでのみ必要です(パーカッションは、亀裂やジョイントの崩壊を引き起こす可能性があるため、特定の組積造に悪影響を及ぼします)。
脆性材料(気泡コンクリートまたは石膏タイル)の場合、ダボの直径よりわずかに小さい直径のドリルビットを使用し、パーカッションなしでドリルします。
中空材料の場合は、ダボの直径と(一般に)等しい直径のドリルビットを使用して慎重に穴を開けます。ジョイントに穴を開けないでください。ドリルに深さガイドを取り付けます。穴はダボの長さより少し深くする必要があります。

ツールと材料

•ドリルドライバー
ハンマー
ねじ回し
カッター
右キー-
発泡性フォーム