他の

倫理的な装飾のための「手作り」

倫理的な装飾のための「手作り」

アフリカ、ラテンアメリカまたは東南アジアから、「手作り」の装飾は地元の工芸品を促進します。自宅でオリジナルの装飾を表示する責任ある倫理的な方法。 フェアトレードに沿って、「手作り」の装飾には次の概念があります 恵まれない国で経済構造を発展させる 。したがって、一部の協会(La Compagnie du Commerce Equitable、CBI:発展途上国からの輸入促進センターなど)は、ケニア、ペルー、インドなどの国での家具やオブジェクトの生産をサポートしています。地元の住民や団体は、さまざまなコミットメントに基づいて契約に署名します。職人側では、後者は製品の品​​質(美観、安全性など)、納期などの点で仕様を順守することを約束します。 職人を(彼のニーズに応じて)公平に補償し、生産者を困難にしないために児童労働をさせたり、分割払いをしたりしないことに同意します… 家具、カーペット、食器、または家の装飾は、この「手作り」の精神から生まれた多数のオブジェクトです。作成に関して、職人は時々地元の資源を使用し、それらを昇華させます。これは、例えば、ペルーの小さな会社トティの場合です。 Marcela Contrerasが率いるこれは、ラマウールの格子縞とラグを提供しています。その他は リサイクルに基づくエコクラフト 。これは南アフリカの小さな会社であるZenzuluの事例です。 電話線用バスケットおよびその他の保管 。フランスのいくつかのショップで販売されているマハットサラは、南アフリカの作品を提供しています。最新のイノベーションの中で、 缶やゆで羊毛のプーフから作られた小さな装飾象 。電話線、タイヤ、またはプラスチックのプラグ(…)を作成すると、あらゆる種類のオブジェクトが生き返ります。このタイプの装飾の主な欠点は、その製品が常にフランスの店で入手できるとは限らず、本当に個人的なアプローチが必要なことです。しかし、責任を負う市民は倫理的な装飾をますます求めています。証拠として、 2010年1月に開催されたMaison et Objetフェアで、この地域のクラフト産業が「持続可能な開発の道」で強力に存在する。いくつかのアドレス:Ouma Productions Altermundi Mahatsara As'art Bibol Karawan Muskhane Toti Zenzulu