情報

エタノール暖炉の新しい基準

エタノール暖炉の新しい基準

2009年7月1日に承認されたフランスの標準NF D 35-386は、消費者を安心させ、エタノール製品の潜在的な危険からそれらを保護し、これらのデバイスを厳しい試験にかけます。この基準を満たすエタノールダクトのない暖炉は、したがって、もちろん慎重に取り扱われれば、もはやリスクはありません。

エタノール暖炉で火傷の危険性に対して

CSC(消費者安全委員会)は、2008年12月に、エタノールの極端な可燃性による火傷のリスクを報告しました。この重大な問題に対処するために、新しい規格ではメーカーにいくつかの要件が課されています。したがって、点火システムは、点火中にユーザーがバーナーから20 cm以内の水平面に近づかないようにする必要があります。さらに、アプライアンスが温かい限り、再びスイッチをオンにすることは禁止されています。また、点火段階とタンク充填段階の外側で燃料に直接アクセスできないように設計する必要があります。そのタンクが明らかに漏れのリスクを示さないことを知っている。さらに、転倒のリスクを回避するために、エタノール駆動のデバイスは固定具付きで販売する必要があります。モデルがノマディックの場合、安定性テストに合格する必要があります。最後に、すべてのデバイスには、アクセス可能で簡単に操作できる安全停止装置を装備する必要があり、通常の使用中は、火炎がケーシングの側面を超えて広がってはなりません。

一酸化炭素中毒のリスクに対して

CSCによって非難された別のブラックスポット:一酸化炭素の放出の可能性に関連するリスク。この危険を排除するために、標準NF D 35-386は特に、一酸化炭素を生成する可能性があるとすぐに停止する自動検出器をデバイスに装備する義務を規定しています。使用期間については、24時間に制限できる必要があります。したがって、アプライアンスは、その動作が断続的であり、バーナーのレベルでの燃料の蒸発がスイッチオフ時に制限されるように設計する必要があります。タンクの公称容量については、2.25 L以下である必要があります。電源側では、4650 Wを超えてはなりません。空気。

さらに進むには…

2009年9月〜10月のニュースレターでは、 SCCはいくつかのセキュリティ対策を思い出します エタノール暖炉の最適な使用について以下に報告します。-標準のNF D 35-386に準拠した機器のみを購入します。 -中古品または完売品、およびこの規格の要件を満たさない外国の遠隔販売ウェブサイトで提供される製品の購入は避けてください。 -エタノール暖炉をトイレに設置しないでください。 -エタノール器具が作動する部屋に子供を一人で放置しないでください。 -家具や可燃物から離れた明確な場所にデバイスを置いてください。 -メーカーが指定した燃料のみを使用してください。 -燃料を限られた量で子供の手の届かないところに保管する