有用

アイロンをかけるための8つの秘secret

アイロンをかけるための8つの秘secret

誰もアイロンがけは好きではありませんが、それは行われなければならないので、それをすべきだけ多くする必要があります!アイロンは、熱の作用により衣服を広げるだけでなく、それを迅速かつ適切に行うことはほとんどすべての芸術です。服を燃やし、シャツをくしゃくしゃにしたためにベッドから起きたばかりかと尋ねられることがある場合は、すぐにまたはうまくやらない可能性があります。それはまた、アイロン台の王または女王になるための次の8つのヒントを参照する時が来たことを意味します。

待つことなく機械を取り出す

うまくアイロンをかけるには、開始するのに最適な条件にいることから始めなければなりません。これは必然的にしわにならない布から始まります。形成された折り目に関して、衣服の素材は明らかに多くの役割を果たしますが、他の要因が関与します。これは重要な折り目が作成されるときであるため、洗濯物を掛けるのを待たないでください。洗濯機で遅延開始または終了プログラムを使用する方法を知っておく必要があります。これにより、サイクルの終了時に立ち会うことができます。すぐに洗濯物を取り出して、たむろします!

洗濯物を干す

まだ濡れているので、洗濯物は既にスムージングモードで処理されている必要があります。これを行うには、機械から出たらすぐに振ってください。このアクションは、最も表面的な折り目を削除します。不幸な折り目を避けて、できる限り明確に拡張する必要があります。シャツとTシャツは、ハンガーの上に直接置いて乾かすことができ、パンツにはクリップハンガーを使用することもできます。時間をかけて洗濯物を適切に乾かすと、アイロンがけしやすくなります。

適切なテーブルを用意する

競争力のある蒸気発生器を使用できる場合は、このタスクを支援できる唯一のツールではありません。したがって、アイロン台はアイロンに次いで最も重要な素材です。アイロンをかけるときにテーブルのフレームを感じる場合、これは正常ではありません。テーブルは非常に安定していて、厚いカバーと適切な作業台が必要です。この種のテーブルは基本的なアイロン台よりも確かに高価ですが、特に蒸気発生器のアイロンを使用する場合は、その価値があります。

©フィリップス

ジャンネット

それは祖母の道具ですが、それでも今日でも証明されています。ミニアイロン台の一種で、折り目を残さずにシャツとドレスの袖をより簡単にアイロンがけできます。私たちはあなたにそれを認めます、ジャンネットはシャツで作業するときに特に役立ちますが、このレベルでは、本当の違いと本当の快適さがあります。なぜそのような機器を奪うのですか?

適切な温度

アイロンが発する熱は繊維に負担をかけ、特定の素材がこの処理を多少なりともサポートします。アイロンがけのアイロンの温度を確認するには、衣類のラベルを参照してください。後者には、いくつかのポイントが関連付けられている鉄のシンボルがあります。ステッチが多いほど、衣服の抵抗力が強くなるため、折り目を克服するには熱いアイロンが必要です。それでも兆候がなければ、ベース温度を参照できます。アクリル、ナイロン、またはシルクには、最低温度(約110°C)の鉄が推奨されます。中温(150°C)では、ウールまたはポリエステルの混紡布にアイロンをかけることができます。最後に、綿やリネンなどの布地には高温(200°C)が推奨されます。

振幅がある

技術面では、アイアンのグリップにも秘密があります。より効率的にアイロンをかけるには、たとえば、アイロン台の全長に洗濯物を広げることをお勧めします。この位置決めにより、作業を容易にする大きな振幅でアイロンがけが可能になります。小さな動き、特に円形の動きを増やすと、ひっかかりや追加の折り目の形成のリスクも増えます。

©フィリップス

完璧な結果を得るには、テーブルの全長を使用します。

裏返しの鉄

服を裏返して裏返しにするのに時間がかかる場合でも、この良い習慣を保つことをお勧めします。アイロンをかけると、衣服を保護できます。これにより、特定のテキスタイルで発生する可能性のある、目に見える側で布地が光沢を持つのを防ぎます。アイロンをかけることで、縫い目も漂白されてしまいます。最後に、石灰岩の事故が発生した場合(鉄がしみを作って石灰岩から吐き出します)、災害を逃します。他方、裏返しのアイロンは、アイロンの底板を維持することを省かない。

難しいしわを湿らせる

近代的で強力な機器を使用していても、一部のひだは蒸気の下では降伏しない場合があります。この場合、解決策は1つだけです。衣服を再び湿らせる必要があります。次に、清潔で湿った布を使用して、治療部位を拭き取ります。折り畳みに戻ることができます。