注釈

二重のカーテン

二重のカーテン

いくつかの非常に洗練された雰囲気では、あなたは確かに頭がこれらの美しい丸いプリーツで飾られたカーテンを作り始めたいと思うでしょう...それは手でのみ作られています!深くて寛大なこれらの折り目は裏地を明らかにします。カラフルで絹のような生地を選ぶ良い機会です。

ステップバイステップ

組み立てと設置

1

カーテンの上部と両側、下から最大20 cmの位置で、裏地と上部の布地を一緒に固定します。

2

縁から1.5 cm真っ直ぐにステッチし、アイロンで縫い目を開き、カーテンを裏返します。

3

カーテンの上部にあるピンを使用して、幅14 cmごとに14 cmごとに定期的に分配します...カーテンの幅に応じて、この折り幅を増減する必要がある場合があります。最も重要なことは、分布の規則性です。トン

4

布地の裏側で作業して、美しい丸みのあるひだを形成します。これは布地の右側になります。折り目を示すマークに端を合わせ、折り目の高さ15 cmにわたって2つの厚さを固定します。

5

すべてのひだにマークが付いたら、カーテンの場所に直接、機械でそっと注意深く縫います。

6

丸い折り目を完璧に形作るために、各折り目の基部に小さなステッチをいくつか作成することもできます。

7

美しいカーテンを問題なく吊り下げるには、カーテンの上端から4 cmの位置にあるフックまたはリングを、各折り目の縫い目線に縫い付けます。クロッチャー。

8

ロッドの上にカーテンを置きます。

9

翌日、カーテンでカーテンの最終的な高さをピンでマークし、フックを外します。

10

鉄を使用して、裏地に2 cm、次に15 cmの二重リエントリーを形成します。

11

同様に、トップファブリックに2 cmと13 cmのリエントリーを形成します。

12

2つの裾を別々に直線ステッチで縫います。裏地はトップファブリックよりもわずかに短くする必要があります。ステッチを入れて手で側面を閉じます。

プロ評議会

一般に、必要な幅を得るために、布のいくつかのストリップを組み立てることが不可欠です。この場合、縫い目の数が増えるため少し面倒な場合でも、中央にストリップ全体を配置するために、カーテンの外側にハーフストリップを常に配置する必要があります。組み立てる場合は、2つのストリップを上下に重ね、右側を合わせて、縫う縁を揃え、縁から1.5 cmの直線状の縫い目でピンと縫い合わせます。余分な布を切り取り、鉄で縫い目を開きます。布にしわが寄る傾向がある場合は、切り込みを入れることを忘れないでください。これを行うには、継ぎ目の線に垂直に、余分な生地にまっすぐなはさみで簡単な切開を行います。パターン生地の場合、生地の幅全体に1.5 cmの巻き戻しでマークを付けます。もう一方のストリップを手前に平らに置きます。フィッティングとピンを考慮して、タックインでピースを配置し、タックインの全長にわたって2本の布を直線で縫い合わせます。ノウハウ-家の装飾©La maison rustique-éditionsFlammarion、2006