ヒント

リビングに花を植えたい

リビングに花を植えたい

種まきは魔法です!良い土壌にいくつかの種をまくだけで十分であり、たくさんの光と少しの水で、春にあなたの庭やプランターに植え直すためにあなた自身の植物を得ます。良いニュースは、町やアパートでも、窓やバルコニーを簡単に開花させるために多くの品種をくことができるということです。

屋内で花をsoく方法は?

田舎では、庭師は温室やフレームの下にある種の花と野菜をまき、若い苗木を風や寒さから守ります。これは、例えば、夜霜に耐えることができなかったトマトの場合であり、野外での生活に直面する前に自分自身を強化する必要があります。自宅では、南に面した窓の近くに播種するか、朝から夕方まで特定のランプで照明することにより、温室の状態を非常によく再現できます。種まきは、いくつかの別々のポットで構成されたボックス、またはヨーグルトポット、卵殻、トイレットペーパーのロールなどの回収装置で行われます。鉢植えの土を追加し、種子を植え、スプレーボトルを振りかけ、待ちます!

©Ikea Ikeaシードボックス、追加の照明の有無にかかわらず

屋内に花をsoく時期は?

早めの種まきは、2月中旬から3月下旬、4月上旬まで屋内で行われます。残念なことに、植物は成長してからあまり長く内部にとどまることができないため、植物は3月から4月に外に植え替えられるほど強くなければなりません。したがって、播種から移植までの適切な時期を計算する必要があります。花屋や保育園に相談してください。理想的には、太陰暦を参照して、上昇する月の期間に種をまき、「花の日」を選択して、オッズを脇に置きます!

©Nous et les Minibouts Nous et les Miniboutsのブログのチュートリアル

屋内にどんな花を植えることができますか?

2月には、ベゴニア、ペチュニア、ゼラニウムの種子を使って最初の種まきができます。 3月中旬から、ためらうベゴニア、美しい夜、キンギョソウ、マリーゴールド、ヒナギクなしで種をcanくことができます... !

©Wikipedia Nasturtiumは3月から4月に種をまく

いつ苗木を外に植え替えるべきですか?

苗が現れたら、外に植え直すのを待ちません。バルコニーや窓のプランターに自分の植物を植え替えることはなんて楽しいことでしょう!それらに水をかけすぎないように注意してください。また、苗木を提供したり、隣人と交換して生物多様性の発展に参加することを忘れないでください!

それが機能しない場合はどうなりますか?

操作が簡単な場合、苗の出現は必ずしも保証されません。だから、あなたが好むほどうまく機能しなくても、驚かないでください。苗木を何らかの理由で「失う」ことは非常に一般的です。この場合、私たちは来年より良い結果を出すと言って、いつでもやり直したり、若い植物を買いに行ったりする時間があります!

©PretàPousserLilo、自宅で簡単に花を育てるソリューション!